STATEMENT

news
about
works


about | English |

経歴

portrait.jpg1976 東京都生まれ
1999 慶応義塾大学環境情報学部卒業
2001 慶応義塾大学大学院政策・メディア研究科建築・都市デザインコース修了
2001-2002 慶応義塾大学SFC研究所研究員
2002-2003 文化庁派遣芸術家在外研修制度にてMVRDV(蘭)に在籍
2004-2005 坂茂建築設計勤務
2006 柄沢祐輔建築設計事務所設立

受賞歴

1999 文化庁メディア芸術祭優秀賞受賞
1999 アルス・エレクトロニカ(オーストリア) Honorable Mention賞受賞
2000 新建築住宅設計競技2000 “ファイナルハウス・コンペティション” (伊東豊雄審査員) 優秀賞受賞
2003 第十三回エス・バイ・エル住宅設計競技入賞
2011 villa kanousanでD&AD Awards(イギリス)Spatial Design部門受賞

出版物

2000 「新建築」2000年12月号
2000 「Japan Architects」『建築年鑑 2000』
2001.5 「Studio Voice」『Casual Architecture』
2001 「ヘラルドトリビューン朝日」『Young Tokyo Designer』
2002 「Studio Voice」『ワールド・トレード・センター再建案』
2002.12 「建築文化」『進化するサーフェイス』
2003.5 「Studio Voice」『東京デザイン計画2003』
2003 「新建築」2003年7月号
2003 「建築文化」『U(アンダー)35の可能性』
2004 「Pecha-Kucha Night Vol.11」 (レクチャードキュメント)
2006.5 「建築ノート」『脱シミュラークルの建築を目指して』
2006.10 「Design Quarterly」4『グローバリズムに関与するデザイン』
2007.2 「ROUNDABOUTJOURNAL」『ゼロの風景へ超論理性によって介入せよ』
2007.6 「10+1」『巻頭座談会:アルゴリズムにより深層と表層を架橋せよ』
2012.11 「現代思想2012年11月臨時増刊:総特集=チューリング」『アルゴリズム建築の計算可能性』

書籍

2007.9 「10+1」『特集:アルゴリズム的思考と建築』(共著・責任編集、INAX出版)
2010.10 『アーキテクチャとクラウド――情報による空間の変容』(共著、millegraph)
2011.9 『設計の設計<建築・空間・情報>制作の方法』(共著、LIXIL出版)

連絡先

〒168-0073 東京都杉並区下高井戸1-6-10-601
TEL:03-5314-3558 FAX:03-5314-3559
MAIL:




Profile

1976 Born in Tokyo
1995-1999 KEIO University Faculty of Environmental Information
1999-2001 Graduate School of KEIO university Architecture and Urban Design Course
2001-2002 Researcher of Graduate School of KEIO University Architecture and Urban Design Course
2002-2003 Dispatched Representative of Cultural Agency of Japanese Government (Residence staff as architect on MVRDV architects in Netherland)
2004-2005 Shigeru Ban Architects in Tokyo Japan
2006 Yuusuke Karasawa Architects (Representative)

Awards

1999 Highest award of Festival of Cultural Agency of Japanese Government
1999 Ars Electronica (Austria) Honorable Mention Prize
2000 Shinkenchiku Residence Competition 2000 “Final House Competition” (Jury:Toyo Ito) Second Prize
2003 SxL Residence Competition 2003 Third Prize
2011 D&AD Awards(England)Spatial Design Prize for villa kanousan

Publication

2000 Shinkenchiku Magazine December 2000
2000 “Year Book 2000” Japan Architect Magazine
2001 “Casual Architecture” Studio Voice Magazine
2001 “Young Tokyo Designer” Herald Tribune Asahi
2002 “World Trade Center Reconstruction” Studio Voice Magazine
2002 “Evolutionary Architectural Skin” Kenchiku Bunka Magazine
2003 “Shibuya-ku Redevelopment Plan” Studio Voice Magazine
2003 Shinkenchiku Magazine July 2003
2003 “Young 15 architects under age 35” Kenchiku Bunka Magazine
2004 “Pecha-Kucha Night Vol.11” (DVD)
2006 “Table of Youth” Kenchiku Note Magazine
2006 “Design Engaging Globalism” Design Quarterly Magazine

Books

2007 「10+1」『Algorithmic Thinking and Architecture』(joint authorship,responsible editor,INAX Publishing)
2010 『Architecture and Cloud――The Transformation of Space by Information』(joint authorship,millegraph)
2011 『Design by Design〈Architecture-Space-Information〉Way of the Production』(joint authorship,LIXIL Publishing)

Contact

MAIL:
 1  |  2  | All pages