STATEMENT

news
about
works


news
2011.6.18

2011年6月18日にミサワホームAプロジェクトの主催で行われた原広司さんとの対談シンポジウムの内容がミサワホームAプロジェクトのウェブサイトにて公開されました。

http://www.a-proj.jp/event_r20110618_01.html


近代建築の均質空間に代わる情報の時代の離散的な空間をどのようにして建築として立ち上げるか。白熱の議論の全文が掲載されています。

よろしければぜひご覧ください。

2011.1.27

「10+1」のオンラインデータベースが公開されました。

2007年に責任編集者として編集を行った「10+1 vol.48」『特集:アルゴリズム的思考と建築』をはじめ、「10+1」に今まで寄稿した論考の数々を読むことができます。

http://bit.ly/1puziLn

よろしければぜひご覧ください。

2010.3.05

worksに君津の別荘地に完成した週末住宅villa kanousanを追加しました。

http://yuusukekarasawa.com/works/2010/03/villa_kanousan.php

こちらの方は以下のメディアに取り上げられています。

GA HOUSES 114号
新建築     2010年3月号
AXIS      2010年3月号

よろしければ併せてご覧ください。

2009.10.31

NTTインターコミュニケーションセンター(ICC)のウェブ企画、メタバース研究会に
参加しました。

http://www.ntticc.or.jp/Exhibition/2009/MetaverseProject/vol4_1_j.html

参加者は濱野智史、江渡浩一郎、エキソニモ×ドミニクチェン、田中浩也という
面々です。

ここでは慶応大学SFC准教授の田中浩也氏と仮想空間、情報空間における
建築のあり方について討議しています。

対談の内容はほぼ全文が10回に渡ってアップされています。

2007.10.04

建築雑誌『10+1』第48号、特集「アルゴリズム的思考と建築」の責任編集を
行ないました。

磯崎新、伊東豊雄、藤本壮介、ヤコブ・ヴァン・ライス(MVRDV)、江藤浩一郎、
神成淳司、など建築と情報分野をめぐる第一線で活躍をされている方々にインタ
ビューを行い、論考を集めています。

建築の世界での情報技術によるイノベーションが概観できる一冊となっています。

目次はこちら

http://www.livingculture.lixil/publish/101-no48/

編集後記は「10+1」ウェブサイトに記載されています。

http://tenplusone.inax.co.jp/archives/2007/09/27131654.html

2007.3.04

 1  |  2  | All pages