STATEMENT

news
about
works


works

villa kanousan

_MG_4713.JPG

_MG_4695.JPG

_MG_4662.JPG

_MG_4594.JPG

_MG_4827.JPG

_MG_4960.JPG

_MG_4803.JPG

_MG_4683.JPG

_MG_5026.JPG

_MG_4632.JPG

_MG_4641.JPG

_MG_5044.JPG

_MG_5074.JPG

_MG_5014.JPG

_MG_5096.JPG

_MG_5123.JPG

_MG_5090.JPG

_MG_5194-retouch-2.jpg

_MG_5203-retouch-2.jpg

photo:koichi torimura

房総の別荘地に佇む週末住宅。キューブ4つを2層に積み重ね、キューブの壁と天井と床の交点にさらに小さなキューブを挿入し、そのキューブが空間の閾を抉り取っている。キューブの傾きの角度はアルゴリズムによって制御され、多様性を持ちながらも秩序だった空間が生み出された。この二律背反の共存がアルゴリズム建築の特徴である。キューブの回転角には敷地の傾斜角度を入力し、周囲の自然風景を取り込んでいる。